>注目記事>女の子のあこがれ【ウェディングドレスの種類】

女の子のあこがれ【ウェディングドレスの種類】

ドレス

そもそも純白のウェディングドレスはいつから出てきたか

ウェディングドレスは今から100年以上前からあるといわれています。ウェディングドレス誕生当時、白のドレスではなく赤や青などといったドレスが多く、地位や身分の高い貴族がつけるものでとても豪華なものでした。その後、黒や暗い色のドレスが好まれましたが、19世紀、イギリスのヴィクトリア女王の婚礼衣装が白のウェディングドレスを身に着けたことが誕生のきっかけともいわれています。

ウーマン

日本にいつウェディングドレスがきたの

1873年にウェディングドレスを九州地方で着たのが一番初めだといわれています。当時日本にはウェディングドレスがなく、外国から取り寄せたとのことです。取り寄せにお金と時間がかかるのでごく一部の人しかできないことでした。一般化したのは1960年後半で、最近はウェディングドレス以外にも和装を身に着けて挙式をしたい新婦が少しずつ増えてきています。

レディ

純白のウェディングドレスに込められた理由

白は「純粋」「清楚」「純潔」「気持ちを新たに」という意味があり、結婚式に持って来いの色です。白が多いのは、結婚を邪魔しようとする悪霊や困難なこと等を払うという意味があります。また、あなた(新郎)の色に染まりますという意味や、二人で新しい生活を歩みますという意味もあります。

ドレス

ブーケトスの意味

ウェディングドレスと同じく重要な結婚式の演出がブーケトスです。挙式を終えた花嫁が、後ろを向いて、未婚女性ゲストに向けて持っている花束ブーケを投げる演出のことをいいます。誰の手元に届くかわからないので、キャッチした女性が次の花嫁になれるというジンクスがあり、「幸せのバトンタッチ」という意味が込められています。近年では全員参加型のお菓子ブーケやぬいぐるみトスといったものが増えています。

花嫁さんに人気のウェディングドレス

花嫁
no.1

Aラインのウェディングドレス

腰から下が英語の「A」の字型に見えることからAラインドレスと呼ばれています。スカートの部分がかなりすっきりしているので清楚で華やかな雰囲気のウェディングドレスになります。どの花嫁さんにでも似合う、とても素敵なドレスです。

no.2

プリンセスラインのウェディングドレス

上半身がフィットし、腰から下がふんわり広がっているドレスです。ウエスト部分が引き締まって見える効果があります。写真映えも良くする、大聖堂や大きなホテル会場でも似合います。下半身やお尻周りが気になるという花嫁さんに人気です。

no.3

マーメイドタイプのウェディングドレス

身体にピッタリとフィットします。ひざ下から裾が広がっているシルエットが人魚の尾びれのように見えることからマーメイドと呼ばれています。女性らしい身体がアピールでき、ちょっとセクシーでエレガントなウェディングドレス希望する花嫁におすすめです。

no.4

エンパイアラインのウェディングドレス

Aラインドレスと似ていますが、胸元から下に向かってスカートがなだらかに落ちる細身のシルエットが特徴です。ハイウエストなので、脚長効果もありますし、マタニティードレスとしても妊娠中の人に気にせずに着用できます。

no.5

セパレートのウェディングドレス

近年、人気が出てきているドレスは、上下が分かれているのが特徴なデザインです。レストランウェディングなどといったカジュアルなウェディングパーティーにピッタリです。見た目も涼しく最適のため、夏の結婚式にはもってこいのドレスとなっています。

人気のカラードレス

披露宴に参加したとき、新郎新婦がお色直しをした際にカラーのウエディングドレスを見たことがあるでしょう。自分はどんなカラードレスを着ようか迷っている花嫁さんがいる思います。そこで、先輩花嫁さんがどんなドレスを身に着けたのか紹介したいと思います。

季節別オススメカラーウェディングドレス

婦人

ピンク系ウェディングドレス

日本人女性の肌に一番似合っている色は、ピンク系の色というのはご存知でしたか。可愛らしさとお姫様風の雰囲気で溢れます。春に挙式を予定している新婚さんに合っています。

レッド系ウェディングドレス

情熱的な赤のドレスは、ゲストさんにインパクトを与えます。大人っぽいカラーでクール女性を演出したい考え中の花嫁さんにおすすめです。冬に挙式を考え中の新婚さんは検討しましょう。

オレンジ系ウェディングドレス

明るく、元気な印象を与えます。ゲストさんも思わず笑顔になってしまうでしょう。色の濃さによっては若い雰囲気になるので色の濃さを調節して、自分に合うか見てみましょう。秋に挙式をする人は注目です。

ブルー系ウェディングドレス

淡いブルーはさわやかさを、濃いブルーは落ち着きがあります。夜の時間帯に身に着けると暗く見えることがあるので、レースなどといったデザイン面で明るくするのもいいです。夏に着るとさわやかな印象を与えます。

パープル系ウェディングドレス

パープルはシックで上品な印象を与える色です。日本人にとってパープルは高貴的なイメージがあります。パープルは大人の女性を演出するのに最適なカラーです。冬はブルーだと寒い印象を与えますが、紫だと中間色なのでちょうどいいです。

迷っている方へ

ウェディングドレスを選ぶとき、体力と時間を使うので大変です。最高のウェディングドレスに出会うまで時間をかけて探してみてはいかがでしょうか。「私にはこの色絶対に似合わない」と思っていても試着すると「あれ、この色私に似合っている」となることもありますよ。